朝の果物は金!朝フルーツダイエットで1日美しく♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お好きなフルーツを思い浮かべてみてください。
それを食べるだけで痩せられることができたら、そんな幸せなことはないですよね。

ヨーロッパのことわざに「朝の果物は金、昼は銀、夜は銅」というものがあります。

金という言葉のとおり“朝に果物を食べるのは身体に良い”という意味なのですが、それはダイエットにも通じること。
先ほど思い浮かべたフルーツを朝に食べるだけの「朝フルーツダイエット」というダイエット法があるんです!

身体の内側からきれいにしてくれる、かんたんおいしいフルーツダイエットの魅力について見ていきましょう♪

どうして朝がいいの?

Annoyed woman covering her ears from alarm clock noise in bed at home in the bedroom

朝フルーツダイエットとは、午前中の食事をフルーツだけに置きかえるダイエットのことです。
ではなぜ朝に食べるだけで痩せられるのでしょうか?

実は人間の身体は、午前4時~正午までが最も排泄をするのに適した時間といわれています。
その時間に米やパンなどの炭水化物・肉や魚などのたんぱく質をしっかりと摂ってしまうと、体内でそれを消化しようとエネルギーを使ってしまうため腸の掃除が上手くできなくなってしまうんです。

そのため朝に食べることでそれを防ぎ、身体の中で10~20分ほどでエネルギーの補給をすることもできます!
またフルーツに含まれる酵素のおかげで、排泄の際に毒素も一緒に体外に出してくれるんです。

実はフルーツは熟している段階ですでに消化が進んでいて、私たちの胃をほとんど使わずに通過できるので痩せやすい身体をつくるのに最適なんですね♡

豊富な栄養素&低カロリー!

フルーツにはさまざまなビタミン食物繊維カリウムなどの栄養素が含まれています。
水分も豊富なので満腹感を得やすく、少しの量でもお腹いっぱいになることで摂取カロリーを減らすこともできる優れた食材なんです。

またフルーツに含まれる果糖は疲労の原因となるL-乳糖を除去してくれるため、出典:疲労回復にも効果があります。

果糖が含まれているためカロリーも高そうに思われがちですが、ご飯140g(茶碗1杯分)230kcalに対し同量のパイナップルだと70kcal、いちごは60kcalと意外にも低カロリー!
甘さが十分にあるのに低カロリーなのはうれしいですね♪

より効果を出すための4つのこと

young happy woman girl student in glasses at a blank white brick wall

朝フルーツダイエットは午前中にフルーツを食べるだけのダイエットですが、より効果的にするために意識する4つのことがあります。

①生&常温で

フルーツを食べるときは、栄養を崩さず身体に取り込むことができるので生で食べる方が効果的です。
また夏の暑い日などは冷蔵庫で冷やした冷たいフルーツもおいしいですが、身体が冷えてしまい代謝が落ちてしまうので常温で食べるのがおすすめです。

②水分は水のみ

午前中にフルーツを食べるときに摂る水分は、水のみにしましょう!
コーラやジュースなどの必要のない糖分はカットし、お茶なども避けてフルーツの栄養素がそのまま身体に届くように水分は水以外は摂らないことがポイントです。

③胃がからっぽのときに食べる

お腹になにか入った状態でフルーツを食べても、身体は先に食べた方の消化を優先してしまいます。
フルーツをデザートとして食べるのではなく、メインの食事として扱うと効率よく消化することができます。

④フルーツジュースは×

スーパーやコンビニなどで買えるフルーツジュースは、砂糖を入れていたり食物繊維を除いていたりします。
より効果が期待できるように、ジュースでも生のものを絞ったフレッシュジュースを選ぶのがベスト!

あなたに合ったフルーツは?効果別おすすめ

pixta_13853315_M

では、朝フルーツダイエットを実践する上で自分はどんなフルーツが合っているのか?
効果や特徴別におすすめのフルーツをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください♪

〔バナナ〕便秘解消に最適!栄養補給にも◎

バナナには食物繊維が豊富に含まれていて、腸内でビフィズス菌を増やして腸内環境を整えてくれる効果があります。
またポリフェノールの一種であるタンニンがお腹の調子を良くし、便秘や下痢を解消してくれます。

またバナナには糖質であるでんぷんやブドウ糖なども多く含まれていて、即効性エネルギーと持続性エネルギーの2種類のエネルギーを摂ることができます!
体調が優れないときや気合を入れたいときなどの栄養補給としても、優秀なフルーツです。

〔イチゴ〕美肌効果で若々しく♡虫歯予防にも!

見た目も可愛らしく、小さくて食べやすいイチゴ。
近年イチゴに含まれるポリフェノールにはシミやそばかすの原因であるメラニンを抑える効果があると注目されています。
またビタミンCが多く含まれているので、美白・美肌どちらにも優れているんです!

甘みが強いイメージのあるイチゴですが、ガムのCMなどで聞くことも多いキシリトールも含まれています。
虫歯の原因となるミュータンス菌を減少させる働きを持ち、虫歯から守る効果があり意外なところで活躍するフルーツなんですね♡

〔桃〕むくみ・疲労・便秘に!皮ごと食べるとより効果的♪

桃はカリウムが豊富で、含有量はスイカの1.5倍だそうです!
カリウムはミネラルの一種で、不足するとむくみの原因になるのですがそれを摂取することでむくみを予防・解消する効果があります。

また食物繊維も多く、ペクチンという水溶性の食物繊維が働き便秘に効果的なのはもちろん、桃自体にも水分も豊富なので便が硬いタイプの方にも適しています。
皮の部分に栄養がたくさん含まれているので、きれいに洗って皮ごと食べるのがおすすめです。

〔キウイ〕豊富なビタミンC!お肉との相性も◎

甘酸っぱさが特徴的なキウイには、ビタミンCが豊富に含まれています。
その量はキウイ100gに69mg!なんと1日に必要な7割のビタミンCを摂ることができるんです。
ビタミンCには美肌効果だけでなくストレスを緩和させたりイライラを抑えたりしてくれる効果もあるので、仕事や学校での疲れも和らぎますね。

そしてキウイはたんぱく質を分解するアクチニジンという酵素も豊富で、お肉や魚などのたんぱく質の分解・消化を助けてくれます。
胃腸の負担が軽減され、胃もたれや胸やけ防止にも効果的なフルーツです。

〔みかん〕香りで気分すっきり♡白いすじが美容のもと!

日本の冬に大活躍するフルーツの定番・みかん。
すっきりとした柑橘系の香りには覚醒作用があり、眠気を解消するなどアロマテラピーの効果があります。

みかんはビタミンCも豊富で、2個食べれば大人の1日分のビタミンCが摂取できてしまうほどです!
ヘスペリジンというポリフェノールの一種も含まれていて抗酸化作用として身体の酸化を防いだり、花粉症などの症状を緩和する抗アレルギー作用も期待できます。

またみかんには白いすじや薄い皮がついていますが、その部分にはみかんの有効成分であるビタミンP・ペクチンが一番含まれているので取らずにそのまま食べる方がより効果的です。

まとめ

いかがでしたか?

生で食べるので、時間のない朝でもゆっくりと食べることができそうなのもありがたい!
その日の気分や体調に合わせてフルーツを変えるのも楽しみになりそうですし、時期によって旬のフルーツは違うので季節ごとにいろいろなものを楽しむのもいいですね♪

自分に合ったフルーツを選んでかんたんおいしくキレイになりましょう♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若い頃より太りやすくなった、、、そんなあなたには〇〇が足りない!


  • 若いころはそんなに意識しなくてもお腹に贅肉なんてつかなかったのに、、、

  • 食生活も生活リズムもほとんど変わってないのになぜか太っちゃう、、、


今そんな悩みを抱えているなら実はあなたには"圧倒的に足りていない栄養素"があります!!!

紗栄子やマギーといったスリムで美しいからだの持ち主も行っているとっても大事な栄養素をチェックしてみよう!

あなたが太りやすくなってしまった原因はこちら