”塩浴”でデトックス。代謝アップでダイエットにも◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近だいぶ冷えるようになってきましたね。。!

お肌のがさつきや肌荒れが気になっていませんか?

石鹸の代わりにお塩で体を洗うだけで肌の皮脂が取れてさらに代謝もアップ!

この寒い時期にぴったりの入浴方法を試してみませんか?♪

塩浴はお肌が本来持っている洗浄力と再生力を生かした入浴法

Brunette relaxing with a straw hat at the beach

濃い塩のお湯を肌に塗るだけで、お肌のトラブルや髪の悩みが解消されるなんて信じがたいですよね?
でも、これを聞いたらあなたも納得するかも。。!

肌には本来、再生力と洗浄力があります。
そのため、お肌の新陳代謝が正常に行われていれば、肌は常に新しく生まれ変わることができます。

みなさん普段から、肌には化粧水やクリームを塗って栄養を吸収させなければいけないとおもっている人が多いですが、肌は本来吸収器官ではなく、排泄器官なんですよ。

肌の表面にある皮脂腺や汗腺は体内の老廃物を体外に出すために存在しているのです!

塩浴では皮脂と汗を正常に働かせるのが目的

皮脂は、肌に優しい天然の美容液。汗は、皮膚をきれいにしてくれる清掃係り。この二つの機能をきちんと生かしてあげることで皮膚本来の洗浄力と再生力を発揮することができます。

塩浴は、肌と体にとって必要な汗と皮脂を、必要な量だけ出すために汗腺と毛穴をトレーニングしているようなものなんですね♪

これが”塩浴”とっても簡単5ステップ♪

Closeup on young woman showing hair conditioner

1、浴槽でいつも通り温まる

体を温めて、毛穴を広げましょう。
毛穴が広がることによって、皮脂や老廃物が肌から出やすくなります

2、塩湯を作り全身に塗りましょう

塩は無添加の食用で粒の大きくないものが◎
塩湯は、500mlのお湯に160gのお塩が目安です。

塩湯ができたら、手ですくい上げてそれを肌・髪・頭皮に塗ってください。
5−10回ほどクルクルと汚れを取るように撫でてあげるとだんだんはだがヌルヌルとしてきます。そうしたらオッケー!これは、汗や皮脂などの老廃物がはだからで出てきた証拠ですよ♪

3、お湯で洗い流しましょう

肌についた塩分と一生に排出された老廃物を洗い流しましょう♪

4、もう一度浴槽で温まって代謝をよくしましょう

5、仕上げに冷水を浴びる

古い皮脂や老廃物を体から出したところで冷水を浴びる事で、肌を引き締めてあげましょう
冬でちょっと寒いかもしれませんが、新しい皮脂を固めてあげるのも肌にハリを出してあげる大事なポイントですよ!

Happy young woman playing with foam in bathtub

塩浴で気をつけること!

塩浴はあくまでもお湯にたっぷりのお塩をとかしてその塩湯をとって塗るだけの簡単な入浴法ですが、
お塩は必ず溶かして使うのが原則

絶対にしてはいけないのが、塩を直に肌につけてこすったり揉んだりすることです。逆にお肌を傷つけてしまいますよ!!!

また、必ず無添加の安心して口にも入れることのできる食用の塩を使用してください。

おすすめの口こみ!くすみが取れて簡単ケアで美肌に!

”入浴後のケアいらずで肌もすべすべに”!
→最初はザラザラするのかと思ったら、塗りごごちは意外とスムーズ♪
ボディクリームをわざわざ塗らなくても乾燥しないで、肌にもツヤが出ました!

”肌のくすみが取れて、肌がワントーン明るくなりました”
→塩浴のあとは代謝がよく、体がポカポカして冬にはぴったり!
もともと冷え性なので冷え性解消にも

”オイリー肌は私の肌でも朝から肌の調子が良くなりました!”
→オイリー肌なので、心配していましたが反対にべたつきがなくなってサラサラになりました。
オイリー肌で悩んでいる人にもおすすめです!

塩浴Q&A

Q1、体にプツプツができたのですが続けるべきでしょうか?

はっきりとした原因はわかりませんが、経験者の多くの人は好転反応のようだったと言っている人が多いようです。
しばらくそのまま塩浴を続けると肌の調子が良くなることも多いのでそこは自己判断で決めてくださいとのこと笑

Q2、デリケートゾーンはどうしたら良いでしょうか?

基本的に塩浴では、デリケートゾーンも同じく塩水で洗います。
でも、気になる人は石鹸を使うのも◎

ただし気をつけんければいけないのが塩水でゴシゴシと強く洗いすぎること!

Q3、塩水を作ってお風呂場に置いておきたいのでがどのくらいの間持ちますか?

塩水は生鮮品ではないので、よほど不衛生にしてない限りはある程度作りおきをしても大丈夫ですが目安は2−3日分くらいと思っておきましょう。

young beautiful blonde woman outdoor in the street of the city

まとめ

私たちがもともと持っている自然の洗浄力と再生力を生かしてくれるのが塩浴です。

石鹸の代わりにお塩を使って洗うだけで皮脂も取れて代謝もアップ!

家にあるお塩を使って始められるお手軽入浴方で心も体もポカポカになってみませんか?^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る