手軽な楽しさ♡チアシードの栽培の秘訣をお教えします☺︎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今話題のチアシードといえば、水分を含むと膨らむ不思議な種ですよね!

これって、自分で育てることできないのかな・・?

ふと、そんなこと思ったことありませんか?
今回はチアシードの栽培について紹介していきますね!

1.チアシードを栽培するメリットは?

以前と比べて、簡単に入手できるようになったチアシード。
普通に購入できるのに、わざわざ栽培するメリットとはなんでしょうか?

①値段を安く抑えられる

チアシードは100gあたり500~1000円で売られています。

1日あたり20g使用が目安なので、(うまくいけば)月600g分のチアシード代を節約できますね。

チアシードを愛用して1年以上経過、もしくはチアシードなしでは生きていけない!
そんな人は、チアシードの栽培に成功すれば、値段を抑えることができるかもしれません。

純粋にチアシード代を抑えたい理由なら、チアシードを栽培するのはおすすめしません。

②植物の栽培を楽しめる!

すでに家庭菜園をしている人ならわかると思いますが、メリットは楽しさです(笑)

小さな芽がでて、どんどん緑をつけていく小さな植物が部屋にあると癒されますよね・・・♡

Little cute child holding green plant in hands

家庭菜園には、
・みじかな植物を再生させる方法
・プランターで本格的に育てる方法
があります。

チアシードの場合は、一度発芽するとどんどん成長していきます。

最終的には2mほどの高さになるそうなので、深めのプランターがあると便利かもしれませんね。

すぐにチアシードダイエット始める?詳しくはこちらの記事へ
流行!オーガニックチアシードのおすすめメーカーランキング3選

2.チアシードって栽培できるの?

そもそもチアシードって栽培できるのか?

imasia_9078576_M

チアシードの栽培用の種は、ほとんど栽培されていません。
そのために、チアシードは食用のチアシードで育てないといけないようです。

①チアシードの種で気をつけるべきことは?

チアシードは栽培用の種ではなく、食用の種で育てることになります。

食用の種から栽培できるの?と半信半疑の方もいると思います。
チアシードの栽培に成功したブログも複数存在しますし、不可能ではありません。

ただし、食用の種を発芽させるのは難しいので、いくつかの注意点に気をつけるべきです。

では、チアシードの栽培での注意点を2つのポイントにまとめますね♪

1.無添加のチアシードを使用すること

栽培用のチアシードは入手しにくいので、普通に販売されているチアシードで栽培します。

食用の商品には、加熱など加工がされている場合がほとんどです。
加工を避けるためにも、チアシードは無添加のものを選びましょう

imasia_15800777_M

無添加のチアシードを選ぶことで、発芽する確率をあげることができます。

発芽する確率をあげるもうひとつのコツとしては、製造年月日が近いものを選ぶことです。
製造年月日が近ければ近いほど、発芽する確率はあがりますよ☺︎

2.気温に気をつけること

チアシードが栽培されている南米は、湿度が低く気温が高いです。
そのために、チアシードには耐寒性がありません。

なので、北海道や東北など寒い地域での栽培は、少し厳しいかもしれませんね。

チアシードは、気温20℃を保って栽培するのが理想的です。
5月ごろに栽培をスタートさせて、発芽することができれば冬までには収穫できます。

気温がポイントになるので、基本的には屋内で育てることをおすすめします。

②サイトや時期では、チアシードの種や苗を買えることも

チアシードは店頭では食用しか販売されていません。

しかし、楽天やamazonなどのサイトでは、栽培用のチアシードが売られている時もあります。

チアシード人気でよく売り切れになっているので、こまめにチェックしましょう。

口コミ評価も高いのでおすすめですよ!

imasia_12049755_M

時期によっては、チアシードの苗を販売しているサイトもあります

苗から育てるなら、失敗する可能性はぐんと減ります。

チアシード代を浮かせたい人や家庭菜園初心者は、苗の購入をおすすめします。

3.チアシードの栽培手順って?

チアシードを育ててみたいな!そう思ったあなたは、ぜひ実行にうつしましょう!

最後はチアシードの栽培のポイントを紹介しますね。

①チアシードを発芽させる

チアシードの栽培は、屋内栽培から始めることができます。

まずは、水のはいった皿に、チアシードを入れます。
膨らんだチアシードをそのまま放置しておきましょう。
直射日光はさけて、室内は20℃に保つのがポイントです。

1週間〜3週間ほど待ち、そこで芽がでたら成功です。

②チアシードを苗床に移す

発芽に成功したら、浅めの皿の苗床を用意しましょう。
水に浸したキッチンペーパーを皿にしき、その上にチアシードを載せます。

発芽したばかりのチアシードは繊細なので、そっと扱いましょう

そのまま数日放置すると、チアシードがしっかりとした根をはります。

③チアシードをプランターに移す

チアシードが根をはりだしたら、プランターに移しましょう

プランターに移す際は、チアシードをキッチンペーパーから無理やり剥がそうとしないで下さい。
キッチンペーパーをチアシードの根にそって切り取りましょう。

imasia_7703564_M

チアシードは2m近くまで成長するので、プランターの深さは20cmが理想です。
プランターに植える際には、10cmほどの間隔をあけるのが理想です。

食べれるまでは・・・

育てたチアシードが食べれるようになるまでには、約6ヶ月かかります!!

その間の期間に販売されているチアシードを買ってダイエットしませんか?

目的はダイエットだけでなく、商品知識や味を知ることにより自分のチアシードの栽培方法や育てる種の選定にもなりますよ。

食べてみないとネットでは、味はわかりませんもんね!

種の選定と自分の体質改善をして、育つチアシードを見守りませんか?

チアシードのオススメランキング!!詳しくはこちらの記事へ
流行!オーガニックチアシードのおすすめメーカーランキング3選

まとめ

いかがでしたか?

部屋には緑が増えてかわいいし、チアシードは手に入るし一石二鳥ですね!
チアシードの栽培は一般的ではありませんが、興味がある人は試してみてくださいな☺︎

すぐにチアシードダイエット始める?詳しくはこちらの記事へ
流行!オーガニックチアシードのおすすめメーカーランキング3選

購入を考えている方は、売り切れないに注意してくださいね☺︎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ローラや海外セレブも愛用♡10倍膨らんで食感がたまらない♡

チアシードは用途がたくさん!
ヘルシーチョコレートバーを作っても、クッキーに混ぜても、飲み物に入れても◎

食物繊維がとても豊富で腸内洗浄効果抜群。

体内美人になることはダイエット成功の鍵♪ 


アリアナも食べてるチアシードって何?